• 福井 博康

  • HIROYASU FUKUI

  • TOPS飛田給校 塾長

  • 社員でもきちんと講師

 

この会社を知ったきっかけ

就職するなら教育関係でと考えていて、自分の好きな数学の魅力や技術を生徒達に伝えることが出来ればと思い就職しました。

この会社に決めた理由

多くの個別塾などは社員は授業をせずに管理中心となりますが、講師として授業することも、校舎を運営や教務にも携わるこが出来るので、こちらの校舎で働くことにしました。
TOPS飛田給校 塾長

仕事に入る頻度は?

週5~6です。日曜日が休みで隔週で土曜日休みです。夏期・冬期講習期間や入試前などは忙しくなります。

仕事をしていて楽しいことは?

一番は定期試験や模試や入試で生徒の学力が上がった時や目標に達成した時ですね。試験の予想問題を作ってみたり、生徒一人ひとりにどう授業を工夫すればとか宿題の量などを考えたりしています。授業前後の生徒達の何気ない日常の会話や、相談も楽しいです。後は新しく入塾してくる生徒達と信頼関係を築けていけることです。

仕事をしていて大変なことは?

生徒のやる気を上手く引き出す事ですね。やはり塾なので、成績を上げることが大事になので講師の力も必要になってきます。「結果」を出す事が「塾の役目」という思いを胸に講師陣は毎年一丸となって取り組んでいます。生徒だけでなく講師達と協力して連携をとっています。夏期・冬期や入試前は講師の方々にも快く協力していただいて感謝しています。新しい講師を育てていくのも大変ですが、やりがいでもあります。

塾の雰囲気は?

校舎は2階建てです。1階と2階(個別のブースがあります)で授業や模試が行われています。自習室もあり、定期試験の前などは多くの(特に中3年生や高校生)生徒達が自習に来ています。受験指導の豊富な講師をそろえております。講師同士も色々話をしたりご飯を食べにいったり仲のいい職場です。

今後の目標は?

子供達の能力を愛情をもって引き出し、伸ばしそれを希望の学校またはワンランク上の学校に合格させてやることが私たちTOPS飛田給校の使命だと思い、またそれを楽しみと考え努力していきたいと考えます。難関校に高い合格率を出して実績を作り、塾としては生徒数も増やしていき大きくしていきたいです。