• 村尾 圭則

  • YOSHINORI MURAO

  • ヴァベーネ下北沢店 店長

  • 自立自走できる組織

入社のきっかけ

私は25歳から約15年間に渡り飲食業に携わってまいりました。以前に勤めていた飲食企業は一般社員から始まり、主任、副店長、店長、SV等の業務を得て、飲食の様々な知識を学ばせていただいたことと同時に、大変貴重な経験をさせていただきました。
ソフトライングループに入社したきっかけは、純粋に“新しい環境で挑戦したい”という強い気持ちで転職を決断致しました。

お店の雰囲気

お店の雰囲気は一言でいうと“アットホーム”です。内装も幅広い年齢層、様々なニーズに合わせてご利用いただける作りになっています。
又、私が店長を務めるヴァベーネ下北沢店は小規模店舗の為、社員間を含めアルバイトの従業員ともコミュニケーションがしっかり取れるので、信頼関係も築きやすい環境です。従業員は学生、フリーター、副業している人など様々ですが、良い仲間に恵まれているのでお店の雰囲気は常に明るいです。

仕事のやりがい

常に新しいことに挑戦できる環境が仕事のやりがいです。ソフトライングループは上司との距離も近く、店舗の従業員の考え、アイデアなどを積極的に取り入れてくださるので、日々やりがいを感じております。
又、お客様の笑顔を間近で感じる瞬間が一番の喜びであるのと同時に、サービスはたった数時間の「お客様」・「従業員」という関係です。
しかし、その時間は自分次第で大きな感動を生み出す事が出来ます。
シーンに合わせた接客・お料理のご提案。お客様の持ち物やしぐさから、あらゆる事柄を想像し、常に自分に出来る事を探して行動し続けています。
これは「スキル」ではなく、おもてなしの「気持ち」であり、それはどんな形でも必ずお客様に伝わることが飲食のやりがいであり魅力でもあります。

今後の目標

ソフトライングループの“自ら生きる力を身に付ける、自立自走型人材の輩出を使命となす”という企業理念のもと、私自身も今以上に“自ら考える力”と“自ら行動する力”を高めて何事にも挑戦することが今後の目標です。日々“学べる”環境に感謝して自立自走できる組織の一員になること、そして最終的には自らも自立自走型人材を育成して、自立自走できる強い組織を創り、当社にかかわるすべての人々を大切にし、そしてそのすべての人々により大切にされる企業でありたいです。